福岡市博多区のあんぬクリニック。婦人科美容外科、婦人科形成として女医が担当致します。女性器、小陰唇等でお悩みの方はご相談下さい。

小陰唇のお悩み(小陰唇縮小術)

  • HOME »
  • 小陰唇のお悩み(小陰唇縮小術)

小陰唇の色・大きさや左右差、擦れる違和感や痛み、痒みなど、他人と見比べられない、親や友人にも相談しにくいという点から一人で深刻に悩んでいる方がたくさんいらっしゃいます。
そのように一人で悩んでいる方が当院にはたくさん受診されますので、何も心配することはありません。

小陰唇のお悩み

ケース1 小陰唇が大きい・左右差

平均的な大きさは15mm前後で、成人女性で起立時に大陰唇から小陰唇先端部分が覗く程度は、必ずしも異常ではありません。
これ以上大きくはみ出しぶら下がっていると大きすぎるということとなります、下着に擦れて違和感や痛み痒みの原因となる場合もあります。

ケース2 小陰唇の黒ずみ

シワや色について、皆様それぞれ大きさ形が違っていても辺縁に近いほど色が濃くシワも多いので、辺縁からの切除手術により同時になくなっていく部分です。
辺縁の一番黒い部分がなくなると、印象もずっと明るくなります。

治療方法 小陰唇縮小手術

小陰唇縮小手術は、大きい不要な部分や黒ずみ部分を切除することになりますが、元々の形とご希望により、手術デザインは異なります。
小陰唇は血流が良く傷の治りも良い場所なので、手術跡もほとんど目立ちません。

傷になりにくい糸の選定、長年の経験により特殊な縫い方、糸の締め具合により糸痕を残しにくくしています。
また、手術中に止血を丁寧充分にしますので、術後の出血・腫れの心配はほとんどありません。

小陰唇縮小

ここがポイント
小陰唇縮小手術は、患者様のご希望をよく聞きながら、デザインも確認していただきますので、きちんときれいな形に仕上がります。 傷はほとんど目立たなくなり、いかにも手術をしたというような傷の心配は全くありません。
所要時間 1時間弱(両側)
入院 不要
痛み 一晩、痛み止めで抑えられる程度。
腫れ 圧迫が効いていればあまり腫れない
出血 ほとんどなし
ウォシュレット 可能
シャワー 翌日から可能
入浴 1週間後から可能
性行為 1ヶ月後から可能

小陰唇縮小手術の流れ

丁寧なカウンセリング
本人の希望を十分に受け入れながらカウンセリングを行います。手術前にデザイン画を用いて分かりやすくご説明いたします。
マイルドな全身麻酔+局部麻酔
身体に優しく負担の少ないマイルドな麻酔を使用。目覚めた時には手術は終了しています。
新型のレーザーメスを使用
デリケートな箇所の手術の為、新型のレーザーメスを使用。出血・腫れを最小限に抑えます。
溶ける糸+特殊な縫合
溶ける糸を使用した特殊な縫合。高度なテクニックにより、柔らかい皮膚に傷跡が残る心配はありません。
手術完了
入院する必要はありません。

【完全予約制】ご予約はお電話かメールでどうぞ。 TEL 092-431-2731 フリーダイヤル 0120-03-2731
(固定電話、九州・中国地方のみ)

PAGETOP
Copyright © あんぬクリニック All Rights Reserved.