福岡市博多区のあんぬクリニック。婦人科美容外科、婦人科形成として女医が担当致します。女性器、小陰唇等でお悩みの方はご相談下さい。

フラクショナル炭酸ガスレーザー CO2RE

  • HOME »
  • フラクショナル炭酸ガスレーザー CO2RE

CO2RE

CO2RE®(コア)は、「フラクショナル炭酸ガスレーザー」と「スキャナー付き炭酸ガスレーザー」の2つの機能を持ったハイブリッドレーザーです。
スキャナー付き炭酸ガスレーザーでは、ホクロやイボといった色素性母斑・脂漏性角化症、アクロコルドンなどの良性腫瘍の病変組織を切除または蒸散します。
フラクショナル炭酸ガスレーザーでは、ニキビ跡(クレーター状の陥没)や毛穴の開き、小ジワ、肌のハリ、肌の色調(シミ・そばかす・くすみ・クマ)といった肌の改善が可能です。
CO2RE®(コア)は、日本国内で初めて美容治療目的での薬事承認を取得したレーザーです。

CO2RE

スキャナー付き炭酸ガスレーザー(スキャナーモード)

炭酸ガスレーザーの波長10,600nmは、水に吸収されやすいため、皮膚への照射においては皮膚組織内の水分に吸収されて熱を発生させ組織を蒸散させます。これを利用してホクロやイボの除去治療に使用されています。
CO2RE®(コア)は、スキャナー機能が付いており、患部の状態や深さに合わせて照射するパターンや深さをコンピュータ制御で行え、ピンポイント且つ均一に蒸散させることができるため、周辺の正常組織へのダメージを最小限にし、ダウンタイムも短く治療ができます。

フラクショナル炭酸ガスレーザー

炭酸ガスレーザーの波長10,600nmをフラクショナル化して照射します。
皮膚にミクロ単位以上の微細なレーザーを照射し、皮膚に穴を多数開けることで、表皮は蒸散され(表皮の色素が除去され)、真皮上層から中層にかけては適度な熱変性が加わり収縮が起こり、創傷治癒過程でコラーゲンの再編成を促し、肌の再生を促進させ、新しい皮膚に入れ替わるという治療ができます。
CO2RE®(コア)は、スキャナーモードの照射パターンや深さだけでなく、照射密度もコントロールして治療を行うことができます。

フラクショナル炭酸ガスレーザー

左:面状照射では組織の広範な欠損が生じます。
右:フラクショナル状に照射することで健常組織が周囲に残存し、早期に創傷治癒が生じます。

こんな方におすすめ

  • ホクロやイボなどの病変組織を取りたい
  • ニキビ跡(クレーター状)を改善したい
  • 肌の毛穴や凹凸を改善したい
  • リストカットや傷跡、妊娠線(ストレッチマーク)を消したい
  • 毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん。二の腕のブツブツ)を改善したい
  • 肌の色むらを改善したい
  • 肌を若返らせたい

術後・アフターケア

スキャナーモード

ホクロやイボなどの除去の場合、1~2週間ほど患部にテープを貼っていただきます。

フラクショナルモード

照射後1週間~10日ほどは赤みが出ます。個人差もありますが、ヒリヒリ感や熱感を伴う場合もあります。
フラクショナルモードの場合は、治療内容によって、術後の注意点や処方する薬が変わってきますので、説明を十分にお聞きください。

【完全予約制】ご予約はお電話かメールでどうぞ。 TEL 092-431-2731 フリーダイヤル 0120-03-2731
(固定電話、九州・中国地方のみ)

PAGETOP
Copyright © あんぬクリニック All Rights Reserved.